育児休業についての行動計画

 社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境を作ることによって、すべての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

  1. 計画期間 平成30年4月1日~平成33年3月31日までの3年間
  2. 内容
  3. 目標1:産前産後休業や育児休業、育児休業給付、産休・育休中の社会保険料免除など制度の周知や情報提供を行う。
    <対策>
    • 平成30年4月以降
      制度に関する資料を作成し、随時、社員に配布
    目標2:育児休業取得者の円滑な職場復帰のために必要な事前ケアを行う。
    <対策>
    • 産休前
      出産予定日をもとに産前産後休業、育児休業、職場復帰までのスケジュール表を作成し、育児休業取得者に配布
    • 育休中
      育児休業取得者と定期的に連絡を取り、復帰2ヵ月前には復帰後の勤務について十分な話し合いを持ち、短時間勤務制度等を説明